無料でここまで楽しめる!成田市にある坂田ヶ池総合公園へ行ってきた!

せっかくの休日に子供と楽しめる公園ってどこかにないかな?っと探していると、広くて設備も充実していそうな公園を見つけました!

成田市にある公園で、「坂田ヶ池総合公園」という公園です。

長いローラー滑り台や格安のキャンプ場に、釣りも楽しめる大きな池があり、お弁当を持参すればピクニック気分で一日楽しめそうな広い公園です。

成田のイオンモールから車で10分ほどの距離にあるので、たくさん遊んだ後はイオンでお買い物をしても良さそうです♪

今回は、一日子供と遊べる坂田ヶ池総合公園を紹介します!

スポンサーリンク
PC用広告




坂田ヶ池総合公園の情報はこちら!

子供が喜ぶ坂田ヶ池総合公園の地図はこちらになります!

住所:千葉県成田市大竹1450
駐車場料金入園料:無料!
面積:約5ha
滞在時間:半日~1日
設備:自販機・トイレ・手洗い場完備
近くのコンビニ:サンクス有(2018年4月確認済)
見どころ:キャンプもOK!芝生の綺麗な広場でピクニック!子供の喜ぶ長いローラー滑り台、人口の浅い水たまりで水遊びも!池には大きな鯉が泳いでいます。

実際に行ってみると、駐車場もしっかりと完備されていて「この公園が本当に無料なの?」と驚くほどでした。
公園内も広く、ぐるっと一周すると3kmほど歩く距離があります。家族連れじゃなくても、普段のお散歩、犬の散歩に利用する人もたくさんいました。

我が家は、0歳児と2歳児を連れて公園内をお散歩していきます!

坂田ヶ池総合公園の見どころ

坂田ヶ池総合公園に行ってみてわかりましたが、子供にも大人にも見どころ満載でした!
子供の喜ぶ見どころと言えば

・遊べる遊具がある
・長いローラー滑り台
・人口の浅い水たまり場で水遊び
・広い芝生でかけっこ
・虫取り・魚釣りができる
・大きな鯉に餌やりができる

キャンプ場も併設しているだけあって、山の中も公園内に含まれます。駐車場から5分ほどの距離なので、特別な服装をしなくても山の中を探検できるでしょう。
また、長いローラー滑り台は順番待ちの列ができるほど、子供たちで賑わっていました。(^-^)

大人の見どころ

・広い芝生の上でお弁当が食べれる

・格安キャンプもできる(大人一人一泊300円)

・日ごろの運動不足にお散歩ができる

・花や池を見ながら自然を満喫できる

大人の見どころは、元気に遊ぶ子供たちを見ながらピクニックを楽しめるところだと思います。広い公園内の芝生の上には、日よけの簡易テントを設置し運動会などで使う簡易テーブルを広げてお弁当を食べている方もいました。
また、家族連れでなくて広い公園内をお散歩しながら自然を満喫できるところがこの公園の魅力でもあると思います。春から夏にかけて新緑を楽しみ、秋には紅葉も楽しめそうでした!

2歳児とベビーカーに乗せた0歳児のお散歩目的できた我が家は、公園内を探索しつつ森林浴を楽しみながら子供とお散歩するぞ(/・ω・)/

公園内の様子はこんな感じ!

坂田ヶ池総合公園の駐車場

駐車場は整備されていてとても広く、車100台ほどが止めることができます。駐車場の真ん中には綺麗にお花も植えられていました。私の訪れた土曜日の午前11時頃には、ほとんど満車でした。

この後、お手洗いを済ませたころには駐車場はいっぱいになっていました。

駐車場にあるトイレ

子供も大人もトイレ休憩。トイレも綺麗でした。

私の地元の公園にはトイレが無いことも多いので、ここには驚きです。

釣り可能エリアの池


駐車場の奥に見えるのは、坂田ヶ池です。目の前にはベンチが設置してあるので、木陰で読書を楽しんでいる方もいらっしゃいました。我が家は荷物の準備と子供への水分補給を済ませて、公園へ出発です!

駐車場⇒公園へ

駐車場から公園までの道のりも舗装されているおかげで、ベビーカーでも楽々です。

奥に見えるのは、公園のメインエリア「斜面芝生」になります。

皆さん、簡易的な人利用のテントを広げて日除けにしつつお弁当やお菓子、ジュースを広げて休日を満喫している様子でした。

うちの2歳児もテンション上がっていたので、来てよかったなと思います。

芝生エリアの様子

写真左側には、お父さんたちが順番に場所取りしつつテントの設営をされていました。週末でもそれほど混んでいないのか、ほどよく人が居るって感じでした。

また右側には、人口の水遊び場で遊ぶ子供たち。私も子供の頃にこんな公園いきたかったです。(笑)

ここはキャンプ場エリアではないので、デイキャンプ(日帰り)用のテントなら設置OKで料金は無料です。

 公園内散歩道

公園内の散歩道です。基本的にベビーカーを押して移動できるようになっていました。このように日影がところどころあるので、暑い日中でも涼しく感じました。

つり橋

芝生エリアの真上にかかる大きなつり橋。ちょっとした観光地に来たかのようなサイズで、ここの上から公園内を見渡せます。

公園の奥 坂田ヶ池に泳ぐ鯉の群れ

子供たちの声で賑わうエリアを超えて、公園の奥に進むとありました。

木でできた人口の浮島です。これで向こう岸に渡ることができますが、ここに泳ぐのは大きな鯉の群れ!子供はここだけでも十分楽しめそうでした。

鯉の群れ!

ヒゴイが一匹と、たくさんの鯉たちです。ちょうどこの日は別のグループの方たちが鯉に餌を撒いていたので、鯉たちがありえないくらい集まっていました。

子供もこの通り凝視

多分「人生で初めてじゃないか?」っていうぐらいの小さい子供でもこの集中力で鯉を眺めていました。

道行く人の話によると、年に数回この池の水を抜くこともあるとのこと。

そのまま公園内を一周してぐるっと回ってきた後は、イオンに向かってお昼休憩です。

まとめ

坂田ヶ池総合公園ば今回言ってみて、もっと早く知りたかった公園です。

無料でここまで設備が整っていて、、普段のお散歩コースにも子供の遊べるようになっているので、お弁当を持ってピクニック気分で一日過ごすと楽しいと思います。

今回は、自動販売機でペットボトルの飲み物を2本購入したので、たくさん歩いてお金は300円ほど。家から冷やしたペットポトルを飲み物として持ってくればもっと節約もできますね。

上手に節約してたくさん遊ぶ。これができれば、子供も家の財務大臣も大喜びでしょう。

キャンプは、大人300円で一泊が過ごせるみたいなので、簡単にキャンプをしたいという人にもお勧めです。

また園内は、水飲み場や手洗い場もあり、イオンまでも車で10分ほどで到着できます

基本的にお金を使うような公園ではないので、安く済ませたい人には特におすすめします。

成田市で子供と遊べる公園はもう一つ。

子供の大好きなアスレチックのある公園で公津の杜公園です。

土日に子供も大人も遊べる公園は?成田市にある公津の杜にアスレチックがある公園。駐車場台数は27台。土日ともなると駐車場はすぐに満車になる。公津の杜公園へのアクセスは?レジャーシートを持ってきてお昼寝をしているお父さんお母さんも

こちらの記事で詳しく紹介しています。

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




この記事が気に入ったらシェアしてください!

フォローする

記事下関連コンテンツ