超明るい!強力懐中電灯はこれ!夜間作業や夜の散歩に最適?!

強力な懐中電灯が欲しい!強力な懐中電灯はどれ?

など、強力な懐中電灯が必要だという方も多いはず。

夜間の作業や夜の散歩など、懐中電灯を使う機会って昔と変わらないか、昔よりも増えたように感じます。特に昔に比べて、夜間の仕事が増えたことや健康のためにと仕事終わりに歩くという人が増えたように思います。

最近ではLED化によって消費電力が少なく、より明るいタイプの懐中電灯も多く登場しているため、たかが懐中電灯といえど明るさはもちろん、使いやすくよりコンパクトな懐中電灯も多く販売されているんです。

なので今回は、強力な懐中電灯を探しているという方向けに強力な懐中電灯を紹介します!

スポンサーリンク
PC用広告




強力な懐中電灯の基準は?

強力な懐中電灯と言っても、何をもって強力なのか基準がないとイメージしにくいですよね。

まずは、懐中電灯の明るさを数字で紹介したいと思います。

懐中電灯の明るさはルーメンでみるべし!

懐中電灯の明るさはルーメンという単位で表すことができます。

ルーメンとはなんだ?という方も多いと思うので、まずは明るさをルーメンにするとどのくらいの明るさになるのか?参考にしていきたいと思います。

明るさをルーメンで表すと・10~40ルーメン⇒足元が確認できるくらいの明るさ

・50~100ルーメン⇒視野が確保できるくらいの明るさ

・150~200ルーメン⇒10mほどの視野が確保できるくらいの明るさ

明るさをルーメンで表すとこんな感じになります。

少しはイメージできるかな??

例えば、スマートフォンのアプリにある懐中電灯なら一番上の足元が確認できるくらいの明るさです。

50ルーメンから100ルーメンになると、家庭用の懐中電灯で外を照らすようなイメージです。そして150~200ルーメンになると、10mほどの視野が確保できます。

夜の散歩なら100ルーメン!自転車なら200ルーメンは欲しい!

ルーメンによる明るさがイメージできたところで、私たちの生活や使う環境でイメージしてみます。

例えば、夜の散歩程度なら100ルーメンあれば十分明るいですが、夜に自転車を使うとなるともっと遠くの視野を確保するために200ルーメンは欲しいところです。

人の歩く速度なら、少し手前の視野が確保できれば問題ありませんが、速度の出る自転車なら10m先ぐらいの視野は確保したいですよね。これが、明るさをルーメンで表したときのイメージです。

強力懐中電灯に必要な明るさは?

それでは本題、強力懐中電灯と言っても強力と呼ぶにふさわしい明るさは何ルーメンぐらい必要なのでしょうか。

使う用途にもよりますが、自転車用で使いたい200ルーメン以上なら強力な懐中電灯と言えるでしょう。なので明るさ200ルーメン以上の懐中電灯を紹介していきます!

明るさ200ルーメン以上の強力懐中電灯はこれ!

まずはこちら。

ジェントスからLED懐中電灯です。

明るさは200ルーメンですが、手のひらサイズのコンパクトさが売りです。

懐中電灯の先端をスライドさせることで、ズームからワイドまでフォーカスコントロールは無段階調整可能できます!

手のひらサイズなのに、広い視野を確保するだけでなくズームにすれば遠くの視界も確保することができます。夜の散歩や短時間の夜間作業ならこのぐらいで十分でしょう。

ジェントスの懐中電灯を始めて聞くという人もいると思います。

ジェントスというメーカーは、プロ向けに使われている技術をレジャー向けに扱いやすくしてくれているメーカーです。懐中電灯以外にもキャンプや登山で使うランタンや、夜間作業で使うようなヘッドライトなどを販売しています。

フォーカスコントロールがイメージできないという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

こんにちは、生クリームです。 夜の散歩や、夜間の作業に便利で強力なLED懐中電灯を買ってきました! スマホの懐中...

明るさ270ルーメン!防災にも使える懐中電灯

続いて懐中電灯はこちら。

明るさは270ルーメンです。

防塵防滴で雨の日でも安心です。

また明るさは3段階です

・highモード270ルーメン

・midモード130ルーメン

・ecoモード50ルーメン

です。

270ルーメンを使う機会は、よほど遠くのものを見たいときや昼間のような明るさを求めるときなので、基本的にはmidモード130ルーメンもあれば十分でしょう。

実用点灯時間は、highモード3時間、midモード6時間、ecoモード14時間です。

充電時間は2.5時間です。

明るさ380ルーメン!USB充電可能な懐中電灯

続いてはこちら。

明るさは380ルーメンです。

こちらの懐中電灯も明るさ調整が出来て

・higiモード⇒380ルーメン

・midモード⇒200ルーメン

・ecoモード⇒30ルーメン

です。midモードは13時間ほど点灯するので長時間使う人にも嬉しい点灯時間です。

USBで使いたいときにすぐに充電できるのもポイントで、乾電池式の場合、電池を何度も取り換えることもあると思います。特に強力な懐中電灯の場合LEDとはいえ、一般的な懐中電灯よりも電池の消耗が激しいため電池をたくさん必要とします。

単三電池を購入しているうちに、新しい懐中電灯が変えてしまったなんてことになったら大変ですよね。なので、充電式のものがお勧めだったりします。

これ以上の明るさを何に使う?!最強懐中電灯を紹介!

ここからは、強力懐中電灯ではなく最強クラスの明るさを持つ懐中電灯を紹介していきます。

明るさ700ルーメン!直視も危険なレベルの懐中電灯

明るさもここまでくると、光源を直視するのも危険なレベルの懐中電灯を紹介します。

明るさは700ルーメンです。

明るさは3段階で

・higiモード⇒700ルーメン

・midモード⇒350ルーメン

・ecoモード⇒50ルーメン

higiモードは驚異の700ルーメンです!

USB充電式で、充電時間は約10時間です。

点灯時間は

・higiモード⇒6時間

・midモード⇒12時間

・ecoモード⇒85時間

Amazonの口コミを見てみると

これは衝撃( ・∇・)

電池持ちがいい
明るい が( 照射距離は嘘)

災害時などに一本は持っときたい

スペア電池も買うほうがいいだろう

直視すると目が見えなくなるレベル

ライトが好きなら損はない
取り回しのいい一本

出典:amazon

700lmタイプを買いましたが、かなり明るいです。結構な重量感と大きさですが、きれいな丸ときれいな白色で照射されるし満足です。2000lmとかいう安物1500円程度のものと比べても本製品の方が明るく遠くまで照らします。

出典:amazon

っということで、700ルーメンの明るさを何に使うのか気になる所ですが、購入された方は満足されているようです。

注意する点は、700ルーメンタイプは少し大きく、持った時のサイズ感はカラオケのマイクを持っているイメージです。

明るさ1000ルーメン!自動車の灯りにも負けない懐中電灯!

次に紹介する懐中電灯の明るさは、1000ルーメンです!

ジェントスのLED懐中電灯で、明るさは1000ルーメンです。

USB充電ではありませんが、直接電池に充電出来て充電時間は4時間

モード選択は2つで

・higiモード⇒1000ルーメン

・ecoモード⇒20ルーメン

です。

amazonの口コミを見てみると

1万円相当の懐中電灯とか…男のロマン(えw)まぁお財布とも相談しながら、いつもいつも3000円ぐらいの懐中電灯を購入していた私。中性脂肪も気になるこの頃、夜中のウォーキング用に明るいものをと購入を決意。すごく明るい!夜中はまるでスポットライトの中を歩くよう。これで5時間もつとか…ほかの懐中電灯の出番はもうない!充電式だし、5年保証だし…そう考えるとコスパいいんじゃないの?毎日のウォーキングが楽しみになりました。車のライトにも負けないぐらいの明るさですよ。

出典:amazon

ジェントスの懐中電灯を使い始めるとわかりますが、フォーカスコントロール機能や明るさの調整ができるようになると、今まで使っていた懐中電灯は使わなくなると思います。

我が家にもたくさんの懐中電灯を購入しましたが、夜間の仕事や散歩などやはり使いやすさが全然違うのでジェントスの懐中電灯を持っていきます。

懐中電灯は使用用途を選んで購入しよう!

強力懐中電灯を紹介してきましたがいかがでしたか。

夜の散歩や夜間作業、夜の巡回で使うなら300~400ルーメンもあれば十分だと思います。

懐中電灯を選ぶ基準は

・充電式なのか、乾電池式なのか?

・懐中電灯の実用点灯時間はどれぐらいあるのか?

この辺を意識して、購入すると良いでしょう。

200ルーメンもあれば、十分だとは思いますが夜の巡回などで遠くを見るなら200~300ルーメンで実用点灯時間が多く充電タイプのものがお勧めです。

合わせて読みたい
夜の散歩やランニングで使えるお勧めの懐中電灯はこちらの記事で紹介しています。

夜のウォーキングで使う懐中電灯が欲しい!ウォーキングなら50ルーメンから100ルーメンは欲しい。ウォーキングより速度の速いランニングでも十分な明るさ。ランニングで使えるライトを探している。コンパクトなサイズかつ長寿命タイプのものがお勧め
スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




この記事が気に入ったらシェアしてください!

フォローする

記事下関連コンテンツ