寒い冬の車内をすぐに暖めるには?暖房より早く暖めたい!

寒い冬の朝。車内をすぐに暖めたい!

暖房よりもっと早く暖めたい!

どうもこんにちは、生クリームです。

冬の車内で暖房を使う人は多いと思いますが、暖房をつけても温かい風が出るのは時間がかかります。特にエンジンをかけてすぐは、車内が冷え切っているのが嫌で暖気運転をしているという人も多いのではないでしょうか。

出来ることなら暖房が効いてくるよりもっと早く暖めたいですよね。

今回は、寒い車内を暖房よりすぐに暖める方法を紹介します!

スポンサーリンク
PC用広告




寒い車内をすぐに暖めるには

冬の寒い日の朝、あちこちで通勤前に暖気運転をしている人を見かけます。

寒い車内を少しでも暖める方法として昔からされている方法ですが、暖気運転は無駄にガソリン代がかかってしまったりお財布にもよくありません。

最近は環境問題としても良いイメージはありませんしね。

なので、無駄にガソリン代にお金を払うより車内を温めてくれるグッズを使うことをお勧めします!

スイッチONから2分で温まる!シートヒーター!

寒い冬の車内をすぐに温めてくれるのが、最近の車に装備されている「シートヒーター」です。

シートヒーターは座席内部に電熱線があり、座席に座っていると背中からぽかぽか温まることができます。

うちの車シートヒーターなんてついてないよ・・

という人も、後付けのシートヒーターを取り付けるとお尻や背中から温まることができます。

シートヒーターはこんな感じに、自動車の座席に後付けすることができます。

シートヒーターをお勧めする理由は・スイッチを入れてすぐに温かさを実感できること。
・背中やお尻が直接温まるので、暖房より暖かさを強く感じること
・どんなに寒い冬の朝でも電気の力ですぐに温まれること

シートヒーターは、座席に取り付けることが出来るため背中やお尻が直接温まります。
運転するときにブランケットを使うようにすると、熱が逃げないのでお布団の中で電気毛布を使っているように温まることができます。

また、エンジンが温まるまで温かい風が出ない暖房と違って、シートヒーターは電気の力ですぐに温まることができます!

エンジンをかけてすぐに暖かさを実感することができるので、暖気運転をして無駄にガソリン代を払うよりもずっと経済的です♪

シートヒーターを購入した人の口コミは?

後付けのシートヒーターを購入した人の口コミを見てみると


寒い冬の強い味方になっているようですね。

Amazonの口コミを見ても高評価が目につくと思います。

暖房と違ってシートヒーターを使うメリットとして、空気が乾燥しないというのもあります。

ただでさえ乾燥する時期なだけに、「車内まで乾燥させるのはちょっと。。」という人にもお勧めします。
後部座席用もあるので、家族で乗る機会が多いという方は要チェックです♪

車載ファンヒーターって効果はあるの?

寒い車内をすぐに暖める方法として、座席から温まることが出来るシートヒーターを紹介してきました。最近の新しい車には最初から装備されていることもあって、効果を実感している人が多いのではないでしょうか。

そこでもう一つ気になるのが、車載ヒーターと呼ばれる後付けのファンヒーターがあります。

車載ファンヒーターは暖房のようには温まらない!

車載ファンヒーターは後付けで好きな場所に設置できるため、エアコンの吹き出し口が無い後部座席用に購入する方もいます。しかし車載ファンヒーターでは、暖房のように温まるということはありません。

車載ファンヒーターが暖まらない理由は、シガーソケット電源のため電力が不足するということです。

家庭で使うファンヒーターや電気ストーブの消費電力は800w~1200wほどあります。(弱でも500wぐらい)
それに比べて、シガーソケットから取れる電力は100W前後です。家庭用の暖房器具と比べて電力不足なのがわかると思います。

車載ファンヒーターを使うメリットって?

では「車載ファンヒーターを使うメリットって何?」と思いますよね。

車載ファンヒーターを使うメリットは、フロントガラスの曇り止めや凍結防止です。

曇り止めはわかるけど、凍結防止に効果なんてあるの?」と思う人もいると思います。

私も雪国に住んでいるわけではありませんが、ニュースで報道されるくらいの大寒波の日に車を運転していると、窓ガラスに積もった雪が凍ってしまいワイパーが役立たずになることがあります。

暖房をフロントガラス側から出るようにすることで、凍結防止はできるのですが今度は車内が寒くなってしまうということもあります。そんな時に使えるのが車載ファンヒーターです。

車の暖房は車内を暖めるために使い、ファンヒーターでフロントガラスの曇り防止や凍結防止に使うんです。

ちなみに車載ファンヒーターはこういったものが人気のようです。

早く車内を暖めるにはエンジンを暖めることも大切

寒い冬の日に車内を早く暖めるグッズを紹介してきましたが、車内全体を暖めるなら暖房しかありません。車の暖房はエンジンの熱を利用しているので、早くエンジンを暖めることも大切なんです。

寒い日でも暖気運転無しでエンジンを暖める方法は・早めに大通りに出てエンジンを高回転で回す

・東側や南側など陽の当たる場所に駐車する

暖気運転無しでエンジンを暖める方法は、早めに信号の少ない大通りに出てエンジンを高回転で回すことです。一見無駄に燃料を消費しているように見えますが、暖気運転と違って車は走行中ですし少しくらいエンジンの回転数が上がっても暖気運転を10分するより燃料消費は少ないです。

やり方は簡単で、信号待ちからのスタートするときや走行中にギアを下げて走行すれば良いのです。オートマならギアをSにすることで、普段より高回転になると思います。

また、駐車場の場所を選べるのであれば、朝運転する前に陽の当たる場所に車を駐車する方法もあります。
日陰で冷え切ったエンジンを暖めるよりも、陽の光を浴びてある程度温まったエンジンの方が暖房が効くのも早いです。

暖房で暖まるなら内気循環にするのも忘れずに

車内で暖房を使うなら、外気循環と内気循環がありますが必ず内気循環にしましょう。

内気循環は、車内の暖まった空気をさらに暖かくして循環するので熱効率がかなり良いです。

逆に外気循環は、冷えた外気を取り入れて車内に流し込むため熱効率は悪いです。

内気循環にすると、窓ガラスが曇ることがあります。その時はACをONにすると曇りはとれます。

まとめ

寒い冬の車内をすぐに暖める方法を紹介してきました。

基本的には備え付けの暖房に頑張ってもらいたいけど、暖房が効き始めるまでには時間がかかりますよね。

暖気運転でガソリン代を多く支払うより、シートヒーターを使うことですぐに温まることができます。冬は毎年のことなので、車内の暖かグッズを導入することも検討してみてください。

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




この記事が気に入ったらシェアしてください!

フォローする