【アヴァベル】プリーストの育成方法は?スキル分岐を教えて!

・プリーストを育てたいんだけどスキル分岐はどうすればいい?

・狩りに使うスキルはどうすればいいの?

どうもこんにちは、生クリームです!

アヴァベルオンラインで支援をしたい人なら一度は考える、アコライトの上位職「プリースト」ですが、育成方法やスキルの分岐がわからないという人も多いと思います。

ただでさえ狩り効率が低く、ソロでレベル上げをするのは拷問に近いので、出来る限り効率よくレベルアップしたいですよね。

今回は、アコライトの上位職「プリースト」について育成方法などを紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク
PC用広告




アコライトの上位職!プリーストになる条件は?

まずは、アコライトの上位職「プリースト」になる条件をみていきましょう!

アコライトより強力な回復スキルがあるみたいですが、解放条件ってどんなもんなのかな??

上位職開放条件はレベル50以上と・・?

プリーストになる条件は・キャラクターのレベルが50以上であること

・鋭晶石が必要数持っていること(40個)

・堅晶石が必要数持っていること(20個)

アコライトの上位職、プリーストの解放条件はこんな感じです♪

プリーストは、回復とサポートに特化したアコライトの上位職で、アコライトよりもPT向けの回復スキルや支援スキルを使うことができる支援のスペシャリストです。

ただし最近のアヴァベルでは、PTを組んでも回復やステータスアップ効果を必要とすることが無いので、イベントごとやPVPの時に活躍するための職業?になりつつあるようです・・。(´Д⊂ヽ

アコライトの時は、ヒールライトとリンクヒールを連発していたという人にもおすすめしたいスキルがプリーストにはありそうです!

プリーストの武器は両手杖がお勧め?

プリーストの使える武器は・鈍器
・杖
・ナックル
・片手杖

プリーストが使える武器はこの4種です!

アコライトで杖を使ってきた人は、そのまま杖を使っていけば問題無いと思います。

ナックルや鈍器を使いたい!

という人は、プリーストに転職する前に別の上位職「モンク」をマスターしてからプリーストへ転職するのが良いと思います。

っというのも、先にモンクをジョブマスすると「環スキル」として別の上位職へ転職後も「モンク」のスキルを使うことが出来るのです。支援キャラとして育てたいけど、狩りでも活躍したい!という人は、先にモンクをジョブマスするのが良いと思います。

武具屋で、装備できる一番強い武具を購入して強化しても良いですが、余裕があればガチャを回してメビウス武具を入手しましょう!

プリーストのスキルはどんなのがあるの?

それでは早速プリーストのスキルがどんなのが使えるのか見ていきましょう!

プリーストが習得できるスキル・セルフィホーリー

・サンライト

・クリアランス

・聖職の杯(パッシブスキル)

プリーストが習得できるスキルはこの4つです!

うち1つはパッシブスキルですが、そのほかのスキルがどんな効果なのか順番に見ていきたいと思います。

回復球を飛ばすセルフィーホーリー

まずは、セルフィーホーリーです!

セルフィーホーリーは、光の玉を前方に飛ばすスキルで、光の玉に触れたプレイヤーは回復することができます。初期段階で4回回復、スキル分岐で最大5回まで回復するようになります。

狩場でたまに、「光の玉がゆっくりと飛んでいるのを見たことがある!
っという人もいると思いますが、光の玉はゆっくりと進んで10秒ほどで消滅します。

オート狩りではなく、プレイヤーが自分で狩りをしていた時代のアヴァベルでは狩場で優しい人が巻いてくれていましたが、最近は見かけなくなりました。(;^ω^)
スキル分岐はA:SP消費を増やして回復回数と継続時間を長くするタイプ
B:回復回数を増やしたタイプ
C:継続時間を増やしたタイプ

継続時間は、光の玉が出現している時間のことで、初期は10秒ほど。
継続時間延長で15秒ほどになります。

より長い時間みんなを回復したいという人はAがお勧めです♪

ステ振りをDEXに振っている人ならSP消費が増えても、アコライトのパッシブスキルによりSPが枯渇するということは無いと思うので、Aを選んで問題ないと思います!

クリティカル率を上昇させる!サンライト

続いてのスキルは、サンライトです!

頭上から眩しい光を発生させて、自分と味方のDEX上昇とクリティカル率を上昇させてくれる支援スキルです♪

スキル分岐はA:効果時間延長

B:DEX上昇効果アップ

C:クリティカル率アップ

初期状態の効果時間が30秒ほどなので、時間延長は不要だ!

っという人は、迷わずCをお勧めします。

サンライトは、PTメンバーみんなに浴びせると、あちらこちらでクリティカルが出ているのが体感できるので、狩りだけでなくボス戦でも使ってくれると嬉しい支援スキルです。

クリティカルはどのスキルとも相性抜群なので、ジョブマス後は別の職業でも使っていきたい優秀なスキルです♪
ちなみにサンライトは味方だけでなく、敵に浴びせると敵のDEXとクリティカル率を下げる効果もあるのでボス自体に浴びせるのも有効的です。

聖なる槍で攻撃しつつ味方を回復!?クリアランス

続いてのスキルは、クリアランスです!

前方に槍を発生させて攻撃を与えるスキルですが、味方には回復効果をもたらします♪

スキル分岐はA:SP消費量を増やして威力アップ回復量アップ

B:威力アップ

C:回復量アップ

お勧めはCですが、SP消費量を気にしないのであればAもお勧めです!

見た目的には、ヒール効果の追加されたシャインレーザーです。

敵と味方を直線状に合わせて使うと、攻撃しつつ回復も出来ます♪

基本ステータスアップ!聖職の杯

最後は、プリーストの基本ステータスを上昇するパッシブスキル「聖職の杯」!

習得しておくだけで、MENやVIT、INTのステータスを底上げしてくれます♪

プリーストのEXスキルは回復スキル?

プリーストのEXスキルはどんなスキルなのでしょうか?

進化の脈石10個を交換することで、EXスキルリングが入手できますが一体どんなスキルなのか気になりますよね!

ジョブマスすると習得することができるスキルだけに、支援のスペシャリストであるプリーストはどんなEXスキルなのか見ていきましょう!

プリーストのEXスキルはアルカディア!

アルカディアは、自分の周囲に癒しの聖域を展開し継続的に回復効果を発揮してくれます。

リンクヒールは一度だけ回復しますが、アルカディアの回復回数は20回以上

スキル発動の範囲もリンクヒールの倍以上ありますし、稀に状態異常も回復してくれます♪

1回あたりの回復量はリンクヒールより少ないものの、回復回数20回以上ということを考えれば十分でしょう。対人やPVPでは重宝されるかもしれませんね!

EXスキルの習得方法はこちらの記事で紹介しています。

EXスキルリングの入手方法とスキルレベルのレベル上げについて紹介。スキルマスターペルセウスEXスキルリングが進化するスキルリングの進化の仕方。職業のスキル同様に与えるダメージも増加300とか大量のSPを消費

プリーストの育成方法は?

プリーストは、ソロで狩りをするのは非常に効率が悪いのでPT狩りをするのが効率よくレベル上げをするのに必須になってきます。

先にモンクをジョブマスしていない場合は、PTに参加してレベルを上げていきましょう!

プリーストの育成はPT狩り!クエスト報酬ももらっておこう!

ソロでの狩り効率が良くないプリースト。

レベル上げをしようと思ったら狩場でPTに参加することが大切になっていきます。

しかし、狩り以外でも日々のアチーブメント報酬や限界クエストなどの報酬をプリーストでもらうようにすると効率も良くなると思います。

サブキャラでアチブを稼いで、プリーストで報酬を受け取ったり、限界クエストをサブでクリアしておいてプリーストでクエスト報告をする。もちろん「プランニング」取得経験値30%アップは忘れずに発動しておきましょう♪

プリーストのステ振りは?

これまでアコライトを育ててきてDEXに振ってきた人、INTに振ってきた人などいると思いますがプリーストのステ振りはDEX→INTで良いと思います。

最終的に他の上位職をジョブマスをして、狩りをするのか対人をするのかにもよって変わると思いますが、魔法系で攻撃することを考えているならDEXにある程度振った後はINTです。

モンクでナックル装備して狩りするんだ」っていう場合のみSTRに振ったほうが良い場合もありますが、杖を装備してもメビウス武器ならそれなりに火力は出ます。

PVPなどで対人を考えている場合はVIT→DEXなど、将来的にステ振りを考える時もあるかもしれないがその辺は自分のスタイルを見て変更していけばいいと思います。

まとめ:プリーストはサポートのスペシャリスト!

プリーストの育成方法とスキル分岐について紹介してきました。

プリーストのスキルは、3つあるアクティブスキルのうち2つが回復スキルです!

EXスキルのアルカディアも範囲内の味方の体力を回復してくれるということで、クリティカル率を上げる優秀なサンライトと合わせてサポートのスペシャリストと言って良いでしょう。

サポート系のスキルが充実する一方で、狩りには向かないのでレベル上げをするならPTに参加するのが必須になります。「自分でも狩りをしたい!」と考えている人は、先にモンクに転職することをお勧めします。

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




この記事が気に入ったらシェアしてください!

フォローする