【アヴァベル】ロストスペルは強いの?ブリザードのスキル分岐は?

・マジシャンの上級職「ロストスペル」って強いの?

・ブリザードのスキル分岐はどうしたらいい?

どうもこんにちは、生クリームです!

狩場で水色の魔法陣を見かけたことはありますか?

渦を巻くような魔法スキルで、広範囲に攻撃をしているのを羨ましく見ていたという人も多いと思います。

その魔法スキルは、マジシャンの上級職「ロストスペル」が習得することができる広範囲に冷気の竜巻を発生させる古代魔法「ブリザード」によるもので、長い詠唱から放たれる魔法に惚れてマジシャンを選んだという人もいると思います。

ちなみに、私もブリザードが使いたくて、マジシャンを選んだプレイヤーの一人です!

アヴァベルをインストールして、最初に選んだ職業がマジシャンということもあって、マジシャンには詳しいと思っています!

なので今回は、マジシャンの上級職「ロストスペル」について紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク
PC用広告




マジシャンの上級職!ロストスペルって?!

マジシャンの上級職「ロストスペル」とはどんな職業なのでしょうか?

ロストスペルは古代魔法を得意とする、マジシャンの上級職!

ロストスペルは、古代魔法を得意とするマジシャンの上級職です!

特徴は、長い詠唱によって放たれる広範囲な魔法スキル「ブリザード」が優秀なことです。

詠唱時間がとても長いんですが、攻撃範囲が広く火力も高いスキルで、メインタワーの22Fでの狩り効率はずば抜けて良いです!

早速マジシャンの転職条件とスキル分岐を見ていきましょう♪

ロストスペルへの転職条件は

ロストスペルへの転職条件は・キャラクターレベルが50以上

・鋭晶石×35個所持

・堅晶石×35個所持

古代魔法を使える「ロストスペル」ですが、レベル50から使えるのはマジシャンを使ってきた人には嬉しいことと思います。

ブリザード習得後は、狩場でブリザードを連発してやりましょう!

ロストスペルのスキル分岐は?

ロストスペルのスキル分岐を見ていきましょう!

ロストスペルの使えるスキルは、転職後すぐに4つのスキル、すべてのスキルをマスターした後に習得出来る「コラフサーブラック」があります。

ブリザードのスキル分岐は?

ブリザードは、「大気の水分を凝縮させて広範囲に冷気の竜巻を発生させる古代魔法」です!

中心に近づくほど威力が高いのが特徴ですが、スキル分岐はどうしたらいいのでしょうか?

スキル分岐はA:外周のダメージ軽減を抑えたタイプ

B:消費SPを抑えた節約タイプ

C:クールタイムを短くしたタイプ

お勧めは、狩りで使うならCのクールタイムを短くしたタイプです。

Aの外周のダメージ軽減を抑えたタイプを選ぶ人もいると思いますが、個人的にはクールタイプ減少させて何度も何度もブリザードを使った方が効率が良いように思います。

参考までにCを選んだ場合の中心部と外周のダメージは?

中心が1000なら外周は800程のダメージを与えるイメージです。

最大ヒット数が6ヒットしますので、敵の塊を見つけたらすぐにブリザードを使うと良いと思います!

プロミネンスのスキル分岐は?

続いては、前方に火球を飛ばす遠隔スキル「プロミネンス」です!

プロミネンスは、「触れるものを溶かすほどの火球を前方に飛ばす古代魔法」です。

スキル分岐はA:安定した性能を持つバランスタイプ(ヒット数5)

B:発射速度を遅くして相手の行動を制限するタイプ(ヒット数6)

C:勢いをつけて単発ダメージ型にした火力タイプ(ヒット数1)

お勧めは、Bの発射速度を遅くして相手の行動を制限するタイプです。

詠唱時間がブリザード並みに長いですが、ヒットした時の火力は高いです。

ブリザードのクールタイム待ちの時にでも使うと良いと思います!

大きなボスモンスター相手なら、余裕で6ヒットすることもできるので結構使えます。

ちなみに私はこのスキルの分岐を失敗しまして、Cを選んでしまいましたので覚醒するまで使っていません!!属性一致するとブリザード以上に火力が高いので間違わずに習得していきましょう!

フラッシュグロウのスキル分岐は

フラッシュグロウは、設置型の上位光魔法スキルです。

敵が触れると小規模な爆発を起こす設置スキルで、ノックバック効果があります。

スキル分岐はA:クールタイムを短くしたタイプ

B:設置時間を長くしたタイプ

C:火力と範囲を上昇させたタイプ

お勧めは、Bの設置時間を長くしたタイプです。

このスキルの特徴は、設置しておいて敵が触れた時に爆発を起こすということです。

誰も触れなかった場合は何も起きませんので、設置時間を長くしたタイプのBを選ぶのがお勧めです。

とは言っても、普段の狩りで使うことはほとんどありません。

詠唱速度が高速化!パッシブスキルはクイックスペル!

そして「ロストスペル」のパッシブスキルは、詠唱速度を速くしてくれる「クイックスペル」です!

詠唱速度が眺めな古代魔法を扱うロストスペルには嬉しいパッシブスキルで、習得した後に別の上位職へ転職すると詠唱速度の違いに気づくと思います。

それくらい詠唱速度が長いマジシャンにとって嬉しいスキルなんです♪

奥儀はコラフサーブラック

上で紹介したすべてのスキルを習得すると、奥儀を習得することができます。

奥儀は、ジョブマス後のマスタースキルには登録不可ですが、強力なデバフと範囲攻撃でそれなりに使えるスキルです。

スキル分岐はA:使いかっての良いバランスタイプ

B:消費SPを抑えてクールタイムを長くしたタイプ

C:クールタイムを短くした代わりに消費SPが増したタイプ

お勧めは、Cのクールタイムを短くしたタイプです。

コラフサーブラックは、クールタイムが通常時40秒と非常に長いのでCタイプをお勧めします。消費SPは増えますが、マジシャンのパッシブスキルの効果によりSPが枯渇することはほとんどありません。

また、レベルが上がってくるとSPが自動回復する効果のある「サピエナ魂晶」と言うアイテムを使うようになるので、消費SPについてはそれほど気にしなくていいと思います♪

ロストスペルのEXスキルはロストメテオ?

上位職には、上位スキルをジョブマスするとエクストラスキルを習得することが可能になります。

ロストスペルのEXスキルは、「巨大な隕石を呼び寄せ、辺り一面を破壊する」超広範囲高火力魔法です!

詠唱時間がブリザード並みで、1ヒットですが攻撃範囲はブリザードより広いと思います。

普段のオート狩りでは使うことは無いと思いますが、イベント時や雑魚敵を一掃するような場合には活躍してくれます♪

私はレベルカンストマジシャンを持っていますが、メインタワー20F程度のモンスターならこのEXスキルで一撃で倒せます。(笑)

ロストスペルの育成方法は?お勧め狩場はどこ?

ここからはロストスペルの育成方法について紹介していきたいと思います!

ロストスペルの育成方法は、敵が密集している階層がお勧め!

広範囲スキルのブリザードを使うことが出来るロストスペルは、敵が密集している階層で狩りをすることをお勧めします!

初心者が真似したいロストスペル育成方法はこれ!

メインタワー9Fでブリザード狩り

メインタワー10Fの奥でブリザード狩り

メインタワー12Fでブリザード狩り

キャラクター作成後、マジシャンを選択してメインクエストを進めていくと、9Fあたりでレベル50に到達すると思います。

もしこの時点でロストスペルに転職できたという人は、上で紹介した階層でブリザードをメインに使いつつ狩りをするのが良いと思います。

自身の防具との相談になりますが、上で紹介した階層は敵が多くブリザードで上手く敵を巻き込めると経験値もたくさんもらえると思います!

特に12Fは、敵の湧きも良くそれなりにダメージを食らうのでSPが枯渇しにくい狩場です。

オート放置でがっつりレベルを上げると良いでしょう。(/・ω・)/

レベルが上がったら18F22Fを目指そう!

レベルが100を超えてきたら、メインタワーの18Fや22Fを目指しましょう!

12Fで狩りをしているよりも取得経験値も増えますし、PT募集も盛んです。

PTに参加することで、PTボーナスをもらうことも出来るのでより効率よくレベルアップするなら階層を上げて行くことも重要です♪

ジョブマスしたら環スキルも使おう!

ロストスペルのスキルをすべてマスターした後は、環スキルも使っていきましょう!

職業をジョブマスターすると習得できるスキルで、上級職開放人に話しかけると自動で習得することができるはずです。

環スキルを使うと、ブリザードを2連発で使うことが出来るようになるので狩り効率はさらに上がります!

次に転職したい上級職は?

ロストスペルをジョブマス後に、転職したい上級職は

・ウィザード

・エレメンタルタラー

を順番にジョブマスしていき、進化の脈石が入手できたらシルウィンダーグレイシャルに転職していきましょう!

まとめ:ロストスペルはブリザードをメインに狩りしよう!

マジシャンの上級職「ロストスペル」について紹介してきました!

ロストスペルは、レベル50から転職可能になる上級職で広範囲に攻撃できる「ブリザード」が優秀な職業です。

習得して使ってみるとわかりますが、敵の塊に向けてブリザードを使った時は爽快で、画面いっぱいにダメージ表示が出ます!!

ぜひロストスペルに転職後は、敵の密集しているエリアでの狩りを楽しんでください!(^^)!

スポンサーリンク
PC用広告




PC用広告




この記事が気に入ったらシェアしてください!

フォローする

記事下関連コンテンツ